NEWS

安齋肇デザインTシャツ他、新商品のご紹介!

métroでは今回、数々の公演関連GOODSはじめとするこちらの新商品を販売いたします!!

今回の新商品はこちら!!

●安齋肇デザイン新色Tシャツ●
●さららロゴマークウエストポーチ●
●「痴人の愛〜IDIOTS〜」サイン入りポスター●
●métro magazine KASUTORI 第5号●

ではまずは、こちらの商品からご紹介!!

●●●安齋肇デザイン新色Tシャツ●●●

この度、人気で在庫がなくなっていた「安齋肇デザインTシャツ」の3度目の再版をいたします!定番の黒以外は全て新色!そして新色は今回のみの展開を予定。是非この機会に♪

今回は5色7パターンでの展開です。

①ライトグレー×クリームプリント
②ライトグレー×黒プリント
③シティグリーン×クリームプリント
④シティグリーン×黒プリント
⑤ヘザーネイビー×白プリント
⑥ブラック×白プリント
⑦ホワイト×オレンジ(銀座線カラー)プリント

10月5日(月)〜11日(日)の受注販売期間のみ、全色と9サイズ展開(S.M.L.XL.XXL.XXXL/GS.GM.GL)で承っております。
選びたい放題はこの期間だけ。
この期間以降も一旦休止した後に、販売いたしますが、一部の色と一部のサイズだけの販売となります。

ちなみにGS〜GLはいわゆるレディースのサイズですが、男性も着られますよ。
通常のS〜XXXLとの違いは主に首回りです。通常のものより首元が少し大きく開いていて、リブも少し細くなっています。
袖も少し短くなっていますが胴回りはあまりシェイプした感もないので、GLでしたらやや細身のTシャツとして男性にもお洒落に着ていただけます。
また、定番デザインの各サイズは女性にも男性にも着こなしていただけます。

価格は3800円。受注販売中にご購入いただくと公演初日までにお家にTシャツが届きます。公演にTシャツを着てご来場くださったら、私とスタッフのテンションが上がります♪お客様の着姿、楽しみにしております♪

お次はこちらの商品を!!

●●●さららロゴマークウエストポーチ●●●

こちらはまだサンプルを作っている段階ですが、面白いことになってきています!!
まずは打ち合わせ段階の写真をどうぞ!

いわゆるウエストポーチです。
斜めに掛ければボディバッグとしても使えます。
撥水加工のポリエステル100%なので雨に濡れても汗まみれになっても大丈夫♪
なんてったって、私自身が劇場建て込みやテントの設営の時に欲しいものを作ってしまったのですから、めちゃ押し商品!

そしてそして、気になるこちらの絵は天願大介監督が描いたもの。月船扮するナオミが描かれております。
しかも実はこれ、劇中の人形劇のナオミ人形の為に描かれた原画をそのままグッズにしてしまったのです!!
ですので「痴人の愛〜IDIOTS〜」の公演記念にオススメ!
イラスト部分はプリントでなくてなんと刺繍!!!
こちらは、公演直前から、métroSHOPと公演会場にて販売予定です♪

お次はこちら〜〜♪

●●●「痴人の愛〜IDIOTS〜」サイン入りポスター●●●

毎回チラシとポスターは最高の写真とデザインあると自負しております!!!
過去の公演でも、『二輪草』『衣衣』の写真は週刊誌にも取り上げていただきましたし、『衣衣』のポスターは「現代演劇ポスター展」に状況劇場や天井桟敷のポスターと共に展示され、『衣衣』『陰獣』のデザインはグラフィックデザインの書籍にも掲載され、『少女仮面』のチラシは「ぴあ」の「めくるめく演劇チラシの世界」にも取り上げらて来ました!

métroのチラシとポスターは、お手元に綺麗に持っておいていただくと後々価値が出るかも。。。というレベルものを毎回作りたいと思っております^^

劇場でも販売いたしますが、限定期間中(10/18日曜日25:59まで)にwebでご購入いただきますと、特典として、お客様のお名前を添えたサインをお入れします。「劇場お渡し」と「郵送」の2通りありますので、ご観劇いただくお客様は送料のかからない「劇場お渡し」を、ご観劇いただけないお客様は「郵送」をお選びください♪

最後のご紹介はこちら♪

●●●métro magazine KASUTORI 第5号●●●

前回は公演中に完売になってしまい、公演期間の後半にいらした方や、遠くにお住まいでmétro SHOPにてご購入をご検討くださっていた方にお買い求めいただくことが出来ませんでした。
また、今回は新型コロナウイルス対策で、ロビーの密集を出来るだけ避けたいこともあり、予約販売を企画しました。

予約販売期間にお買い求めいただくと公演前にお届けできますので、予め読んでいただくことで一層公演も興味深くご覧いただけるかと思います♪また、残念ながらご観劇いただけない方も、同じ時期に谷崎潤一郎の世界に浸っていただけることと思います♪
是非ご検討くださいませ。

______________________________________________________

●今号の内容
・月船さららオリジナルブロマイドカット
  撮影:渞忠之 
・月船さららの誌上トーク
 「ハラを決めて再演へ突入!」
・作家の頭の中に入っていく 
 「『痴人の愛』の台本を書いた演出家・天願大介が本音を独白」
・巻末企画
 「処女作『刺青』を読む ― 谷崎潤一郎の「美学」をたのしむために」
編集=桑原茂夫/デザイン=東學/写真=渞忠之
A4サイズ 全22ページ

★「métro magazine KASUTORI」をご存知ない方はこちらをお読みください♪ご存知の方も是非お読みいただければ、さらに「KASUTORI」が面白くご覧いただけます♪
『métro magazine KASUTORIについて語る!』
https://onlinemetro.shop/news/5f40d3bb223ead3fc08fcc79

métroでは、毎回、「お客様に絶対に喜んでいただけるものを作りたい!」という意気込みで、演劇物販の域を超えた商品を目指しております!

急ぎ足で新商品をご紹介してきましたが、それぞれの商品は、アイテムページにてごゆっくりご覧下さいませ〜〜♬